読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことをてれてれ書くブログ

大学卒業してすぐに行く22歳女子のニュージーランドワーホリの日記。2016 4月〜

羊の国にて羊を見る話

羊の国ニュージーランドに居るのにも関わらず、羊を1匹も見ていない!

羊が見たい。羊が見たい。羊が見たい!!!ということで行って参りました。

 

コーンウォールパーク!!!

Britomartから、電車でGreenlane駅に向かいます。電車で20分くらい。

Greenlane駅からコーンウォールパークまでは徒歩15分くらい。

コーンウォールパークは、それはそれは広大な芝生の公園で、

家族連れが沢山。沢山といっても、土地が広すぎるので人口密度はかなり低い。

 

てくてく歩いていたら牛さんマークの標識発見!

f:id:sheep126:20160527095751j:plain

 

羊じゃないんかい!って思ったけどまぁもうこの際牛でも良いから見たい!(笑)

 

そんなこんなで楽しく歩いていたら、

f:id:sheep126:20160527095941j:plain

 

うさぎ〜〜〜!野生のうさぎ〜〜!かわいい〜〜!

ちっちゃくて可愛いうさぎが至るところに沢山居ました。かわいかった。

ピータラビットみたいでした!

 

 

それからどどーんと現れたのは、。大量の牛。

f:id:sheep126:20160527100133j:plain

 

逆行で色は見えないのですが、茶色と白のおしゃれな牛でした。

牛の周りには、一応電流が通った線が張ってあるんですが、

いやいやこんな低かったら牛飛び越えられるよってくらいのゆるいやつ(笑)

 

誰を襲うでもなくのんびりみんなでひなたぼっこしてる姿は癒しでした。ほのぼの

 

 

そこからまたてくてく歩いていると・・

f:id:sheep126:20160527095940j:plain

 

 

いたいた!!!!羊!!

 

 

 

羊が居ました。たくさんいました。

うわ、あそこにもいる、うわあそこにも、うわうわうわうわ (笑)

 

むっちゃいる!!(ちょっと引いてる)

 

そんなこんなで羊を見ながら歩いていくわけです。てくてく。

 

すると、1本の剣が。。

f:id:sheep126:20160527100131j:plain

 

「あそこ目指して頑張ろうか(ゼェゼェ)

「うん(ゼェゼェ)」

 

 

そうですこの時点でもう既にちょいと疲れています。ははん。

しかし、せっかくなので剣(仮名)を目指して歩く事に。

 

 

 

f:id:sheep126:20160527100145j:plain

絵本に出てくる、城までの道のりみたいな感じの風景。

右の斜面をみてください。ぽつぽつ見えるのがすべて羊です(引いてる)

 

ゼェゼェ言いながら歩いていたら左側に広がる風景が素敵!

 

はあ〜〜〜ニュージーランドって感じ〜〜〜!!

 

ん・・・

 

なんか石で文字が書いてある

 

・・・ジーーーーーっ

f:id:sheep126:20160527100312j:plain

 

ん?

 

f:id:sheep126:20160527100405j:plain

 W I L L  Y O U  M A R R Y  M E ?

 

 

おいおいおいおいおい

 

ここでプロポーズしてるやついっぞ!ひゅーひゅー

 

 

・・・でもさ、絶対ここでこんな風にプロポーズされんのやだよね。

ね。

 

 

・・・酷評。

 

しかもこれきっと剣のところに着いた後見せたかったんだろうけど、

剣に向かうまでの道でもう見えちゃってるし。

 

・・・残念。

 

 

プロポーズはどうなったのか?誰が一体こんな事を?

など謎だらけですが、見てて

 

「こんなプロポーズは嫌だ」話に女子同士で花が咲いたのでよし。

話題をありがとう誰か。プロポーズ成功していますように(他人事)

 

そして!!!!

 

剣に到着!!!!

なんにせよ空が青いよ。剣は剣じゃなくて、銅像の上にある何かだったよ。

結局分からずじまい。

f:id:sheep126:20160527100615j:plain

 

そこからの風景。

f:id:sheep126:20160527100446j:plain

 

 

そう、この私達がゼェゼェ上った道は、車で上ることも可能なのです。ルン。

頂上は風がすごかったよ。ブルンブルン。

 

 

そして、ゆるやかに下っていきましたとさ!

 

 

ワンツリーヒル、これで無料なんだってくらい充実感のある公園。

幸せを絵に描いたようなのどかさに癒されました。おすすめ!