読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことをてれてれ書くブログ

大学卒業してすぐに行く22歳女子のニュージーランドワーホリの日記。2016 4月〜

TECSOLとはなんぞや

 

ワーホリで、最初に通う人が多いであろうランゲージセンター

いろんな基準で決められるとおもいますが、私が選んだ基準はズバリ

TECSOLのコースがある事。

しかもTKT(ケンブリッジ認定)のきちんとしたやつ。

 

日本にいた頃、TECSOLに興味があっていろんなブログを見ていたのですが

なかなかTECSOLについて書いている人がいなかったので、

このブログがTECSOLに興味を持ってる人の役に立てばいいなあーと思ってます。

でもわたしのホステルwifi繋がらないんで、wifi環境下にいる時にちょちょっと書くだけなので情報量は多分少ないですごめんなさい(小声)

 

TECSOLは、日本語訳だと児童英語教授法というもので、

英語が第二言語の子供たちに英語を教える先生の資格です。

9:30〜16:00の授業を5日間×5週間で、ミッチリ。

通う学校の先生にもよるとは思いますが、内容がかなり楽しい!

 

 

子供たちを飽きさせず、英語を覚えてもらうための授業の工夫だったり

資料の使い方だったり、先生の立ち位置だったり、教えるテクニックだったり、

楽しませる絵本の読み方だったり、

日本の小学校もこんな風に教えてくれたらいいのになぁと思うものばかり。

ニュージーランドの教育方針ってめちゃめちゃ素敵だ。

 

 

クラスの人数はマックスで12人だそうなのですが、

私のクラスは5人。(韓国人2人、日本人3人)

少人数なので分からない事はすぐ聞けるし、発言する機会も沢山あります。

週に1回、1人1人が先生になって実際に授業を教えたりもあします。

 

 

 

・・・

しかし、問題は、まあああ〜〜〜〜友達ができない(笑)

もちろんクラスでは仲良くなるし、みんな大好きなのですが、

なんせ5人。

そして私以外の4人はずっとこのランゲージセンターに通っている人達なので

前のクラスメイトがいたりして、

(普通のコースのクラスは大人数だし、かなり仲良くなるみたい?です)

 

ふぅ!!!ションボリ!!!(笑)

 

 

今日はこんなんで、ライブラリーにいるのですが(wifiがあるってうれしい)

明日はCVでも配りまくってきます。ホヨヨ。

働くなら海側がいいなあ。とおもって、海を攻めます!!

運がころころ良い方向に転がりますようにっっ!!!!